ブログトップ

大阪情報サロン

osakasalon.exblog.jp

梅田から天王寺

◆梅雨の明けるのが遅かったけれども、スカッと晴れずに豪雨被害や地震とは驚いた。
大阪は見えない地下河川にお金をかけて整備しているから、大雨でも大丈夫だよ。
家族にはそう言って、大阪の都市整備の姿勢を説いてみる。「大阪は見た目より中身」とばかり、目立たない外堀から埋めるのですよと・・・。

明日からお盆の今日、朝から晴天になったので、取材もあって梅田に出かけた。阪急梅田駅や大阪駅も覗いたし、久し振りに阪急グランドビルにも上がってみた。梅田阪急ビルは外観もできあがり、外構や内装などの追い込み工事のようだ。
大阪駅新北ビルは巨大な姿を現してきた。北ヤード側に周ると外装タイルの貼られた壁面の取付けも進み、全体のイメージが掴めるようになってきた。
いつも車でうろうろするのが、今日は電車でのお出かけにした。何しろ梅田である。移動は車にはかなわないけれど、大阪市内は駐車場のコストがやたら高くつく。まして梅田は車で来る場所ではない。

◆電車移動の甲斐あってか、帰り道、天王寺まで帰り着いて、近鉄電車に乗り換えるため、近鉄阿部野橋駅の中を通り抜けたら、駅や百貨店も工事中とは思えないほど上手く出来上がっていた。
感心しながら、ふと見ると、阿部野橋プロジェクトのPRポスターが貼ってあった。
e0161853_23442391.jpg

何やら興奮してくる。おまけにビルのパースが印刷された美麗なパンフレットがあったので、2部いただいた。裏を見ると、工事概要も書かれてあった。
そこには設計・竹中工務店とある。うしろにシーザー・ペリ氏が連名のように書いてあった。そうか~、外観デザインはシーザー・ペリにしても、これだけの規模の建築だから、当然、詳細な実施設計が必要になる。それが竹中工務店とはよかった。
竹中工務店は良質な設計に定評がある。「ハービス大阪」や「クリスタルタワー」など、大阪の有名ビルに竹中工務店の設計が多い。建築会社は建てるのが主たる事業だから、設計は別である場合が普通である。最も有名な設計会社は「日建設計」であろう。でも竹中のように設計に強みのある建築会社は少ない。
[PR]
# by osaka-salon2 | 2009-08-12 23:38 | プロジェクト

続・天満橋から

前回に続き、天満橋から・・・
◆京阪天満橋の東側には巨大なOMMビルとともに、京阪の第二寝屋川鉄橋や京橋方面が見えています。東方面の景観はこの20年来あまり変化がありません。京橋副都心の目玉OBPが開発され現在の姿になって、もうそれくらいになるのですね。京阪京橋駅は京阪百貨店やホテル京阪も併設されて立派な高架駅になっていますが、JRの京橋駅がいけません。大阪大空襲で爆弾を被災した当時のままです。
e0161853_1723529.jpg

◆「京橋駅改良」が運輸政策審議会答申に上がっていましたから、いずれ実現に向かうものと希望は持っているのですが、JRも大阪市も優先順位をどう考えているのでしょうか。いつ改善されるあてもなく放置状態です。どっちもへんですよ。
鉄道会社といえば、お客様商売ですから、そんな状態でほっておけるはずもないのに。京阪はさすがに早くから整備しましたが、お役所体質の抜けないJRはお構いなしです。
◆もう一枚の写真は大川右岸、北側になります。天満橋は立体構造の上下二層になっています。谷町筋全通時に架けられたものです。
e0161853_17254432.jpg

天満橋の天満とは?大川の北側のことなんですね。ですからJR天満駅の名前と所在が正しいことになります。国道1号・曽根崎通りと谷町筋の交差点は東天満ですが、昔は空心町といっていました。
谷町筋をさらに北に行くと、東側にOAPがあって、JR環状線の高架をくぐると阪神高速守口線の「長柄出入口」があります。東側に「シティータワー天満」が工事中です。
そういえば西暦645年の大化改新にともなう難波宮は難波長柄豊崎宮といいますが、長柄豊崎の意味は長い柄のように突き出した豊かな岬の意になるようです。ですから、必ずしも現在の長柄や豊崎の地名の場所といえないようで、上町台地の先の方であったようです。
[PR]
# by osaka-salon2 | 2009-08-11 17:26 | 大阪の景観

天満橋から

◆本日の写真は京阪天満橋駅、シティモール屋上から。大川に面して駅ビルが建っていて、気持のよい風景が広がっている。水辺は去年あたりに八軒家浜として整備され、それが西側に延長工事が進んで、天神橋から中之島につながる感じになりそう。
撮影は8月2日だったかな。剣先の噴水が噴射してたのを目撃しました。公園整備は天神橋から西側は全般まだ工事中でした。しかし、いつの間にか大阪は見事なまでの大都会の景観になってしまいましたね。全方位、どっちを見ても。地下鉄に乗っていて風景が見えないのが残念なくらいです。
e0161853_12255388.jpg

先日、8月6日の夜に「大阪映像プロジェクト」の第一弾として、「天王寺」を中心とした映像をアップしました。
新時代の大阪★進行する再都市化 1:天王寺
容量その他で結局YouTubeになったのですが、YouTubeをしばらく見ていると鉄道関連の動画が多いのに驚きます。隠れ鉄道ファンがこんなにいたのかと。
私もかつて鉄道にはまった一人でした。この20年あまり鉄道から遠ざかって、鉄道ファンから大阪ファンへ乗り換えたのですが、鉄道の動画を見ているとかつての血が騒ぎました。
「鉄道趣味とはよきかな」・・・何より同じ趣味人として、解かり合える連帯感があります。
私が本格的に鉄道趣味の世界に足を踏み入れたのは、蒸気機関車の撮影で昭和40年あたりからでした。呉線に急行「安芸」や伯備線にD51の三重連を追ったあたりから加熱し、C62重連急行「ニセコ」を追って何度も冬の北海道に単独行するほどでした。
もちろん記録が目的ですから、少しのスチール写真やムービーが今もある程度は残っています。VHSビデオはもう少し後になるので、音声のない8mm映画でした。長年放置した映写機はもう動かなくなっていたのは残念です。映写さえできれば、今のビデオカメラで複写できるのですが。
手間のかかる大阪の映像を作って、意義があるのだろうか。そんなことを考えさせられるこの頃です。
[PR]
# by osaka-salon2 | 2009-08-10 12:35 | 大阪の景観

【大阪15km圏】神戸・西宮・宝塚山の手住宅地から Part 2

今回15km圏以上神戸寄りの話になります。
◆大阪に隣接する兵庫県は梅田から5kmで尼崎市になる異常さ。さらに神戸市までに西宮市・芦屋市があって、ようやく神戸市東灘区となる。神戸市の東端から三宮までおよそ10km、西の外れの垂水区まで延々25kmと長い。もっとも市域の広さは大阪市域と比較にならない位に広いので東西に長いだけでなくて、六甲の北側も神戸市である。神戸市北区は三田市や三木市に接していて、有馬温泉やJR福知山線の三田駅のひとつ手前の道場駅はれっきとした神戸市内である。
神戸の旧来の市街地のもっとも狭くなったところが中心市街地で、ここに三宮・元町があるのも皮肉だが、海岸も山もすぐといったロケーションだから、市街地は狭いのは仕方ない。この狭さが神戸の街づくりを成功に導いてきたと私は考えている。広い市街地をすべて綺麗に整備するのは難しいが、狭いとやりやすいといえないだろうか。
大阪がイメージ良く語られるのが少ない反面、神戸のイメージは良い。大阪を下げるのに周りは持ち上げるからか、メディアの誘導による面が多いが、じっさい三宮から元町にかけた海岸寄り、旧居留地といわれるあたりは素晴らしい。
絵になる景観は中突堤を中心にポートタワーや海洋博物館、メリケンパークオリエンタルホテルからハーバーランドにかけてである。なかなか格好いいです。しかしネーミングにやたらカタカナが多いのは横浜と通じる。以前はカタカナ得意だったのに年のせいか苦手になってしもた。横浜MMの「ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル」の名前が覚えられない。これ全部カタカナはやりすぎじゃないの。覚えにくいのが付加価値ってことかな。

◆ってことで、少し前に西宮の山手、甲陽園付近から大阪都心方面の写真撮ってきたのを載せておきます。
このあたり芦屋六麓荘から、西宮の苦楽園、夙川もつながっています。
e0161853_1216980.jpg

◆海側です。西宮浜から岸和田・泉佐野方面。りんくうゲートタワービルがうっすら見えます。
e0161853_1217142.jpg

※PCのトラブルで写真をなくしたり、Visutaになったり調子が狂いました。ブログの更新も影響があって久々になりました。申し訳ありません。
[PR]
# by osaka-salon2 | 2009-07-31 12:24 | 都市論

【難波】マルイト難波ビル竣工

地上31階建ての高層ビルの「マルイト難波ビル」が竣工し、入居店舗の開店が始まった。「ジュンク堂書店難波店」、食品スーパー「ライフなんば店」は22日に開店、上層階の「ホテルモントレグラスミア大阪」が27日、1・2階の「ホームセンターダイキ」も8月1日オープン予定となっている。
e0161853_1214029.jpg

e0161853_12144283.jpg

◆ジュンク堂難波店
書店チェーン大手のジュンク堂書店(神戸市中央区)の難波店が22日、大阪市浪速区のJR難波駅近くの高層ビル内にオープンした。売り場面積が約4600平方メートルと、同市北区堂島にある大阪本店(約4900平方メートル)とほぼ同等で、関西最大級の書店。 難波店はジュンク堂にとって大阪市内で5店目で、マルイト難波ビルの3階と地下1階に入居。3階は約3600平方メートルもある広い売り場を生かし、強みとする専門書から実用書、雑誌まで幅広く品ぞろえした。約千平方メートルの地下1階はすべてをコミック売り場に充てた。
e0161853_12155663.jpg

e0161853_12171043.jpg

e0161853_12535487.jpg

◆ライフなんば店
 食品スーパー大手のライフコーポレーションは23日、JR難波駅に隣接する複合商業ビル「マルイト難波ビル」地下に「ライフなんば店」をオープンした。同日、会見した岩崎高治社長兼COO(最高執行責任者)は、関西圏で下期に2店舗、来年度は6店舗を出店する方針を明らかにした。
 なんば店は同社で初の駅直結型複合店。高級感のある食材やビジネスマン向けの総菜などを強化、売り場面積1760平方メートルに、生鮮食料品や日用品のほか、ドラッグストアや焼きたてのパンを販売する専門店などをそろえている。
株式会社ライフコーポレーションは、大阪市東淀川区に本社を置く食品スーパーマーケットチェーンであり、関東地方、近畿地方に店舗を有する。東証、大証第1部に上場している。現在は、三菱商事の持分法適用会社。
ダイキ株式会社は、愛媛県松山市に本社を置くホームセンター業、住宅設備および環境設備製造・販売企業である。かつて東証一部に上場していた。

※難波OCAT地区に竣工した大型の超高層ビルですが、外観・入居店舗構成ともに、やや都会的洗練を欠く内容になっている。JR難波駅周辺の立地を非常に的確に読んだ構成ともいえる。商業地区として難波は第一級でも、JR難波は中心から外れる地区でもある。
しかし、将来的には阪神なんば線も開通しており、近鉄難波駅はかなり西寄りにあることから、地下鉄四つ橋線のなんば駅、JR難波駅と接続がよくなっている。
ジュンク堂書店の巨大店舗は大阪市内で5店目となっている。堂島・大阪本店、梅田ヒルトンプラザ店、天満橋店、千日前店(旧難波店)、そして新規の難波店。いくら巨大店舗でもうまくいくのだろうか。
[PR]
# by osaka-salon2 | 2009-07-25 12:50 | 都市開発

【近鉄奈良線】生駒山中腹「石切」から見る大阪市街

皆様、「大阪情報サロン」久し振りの更新です。
メインのPCは電源が入らずクラッシュ。ちゃんと表示しないサブPCからテスト更新してみます。

大阪と奈良を結ぶ主要道路のひとつ阪奈道路を奈良から大阪に向かうと、生駒の峠を過ぎると道路は急な下りとカーブの連続になる。奈良側が緩やかな丘陵地帯であるのに対して、大阪側は山から一気に平野になって、山を駆け下る感じになる。
その阪奈道路から見る大阪都心は昔から魅力的な光景であった。大阪の超高層ビル建設の歴史を示すように、時代時代によって大阪市街の見え方も変化してきた。阪奈道路は国道ではないが、長く大阪・奈良間の最も重要な道路であった。昭和30年代初頭の開通当時、高速道路などという概念はなくて有料道路であったのだが、現在走ってみても名阪国道によく似た準高速道路のような印象の道路である。中央分離帯四車線の立派な道路で信号はほとんどなくて、他の道路との接続はインターチェンジからに限定されている。

しかし、この立派な道路も第二阪奈有料道路の開通によって阪奈間最重要の使命の座は明渡した。時代の成せる技で、第二阪奈は長いトンネルで生駒の山を直線で貫通している。しかも阪高東大阪線とダイレクトにつながる。大阪奈良の府県境を分ける、生駒信貴の山並みは山頂の標高が642mの峰である。昭和30年代はトンネルという選択肢はなかったとみえて、つづら折れのカーブで山を越えなくてはならなかった。大阪側の急な斜面に四車線の道路をつくるのは無理であったのか、大阪寄りの上下線は別ルートになっている。
大阪と奈良県を結ぶ道路は意外に多い。主要なのを北から順に上げると、国道163号、阪奈道路、第二阪奈、国道25号、国道165号、国道166号、南阪奈、国道309号といった感じになる。鉄道の場合は難波・上本町・天王寺から近鉄の奈良線・大阪線・南大阪線、JR大和路線などがあり、近鉄は奈良県内では京都線・橿原線が南北に走っている。奈良県では近鉄がJRを圧倒した存在である。とくに近鉄奈良線が通勤路線として重要である。

大阪奈良の境には生駒山地が立ちはだかっているにも関わらず、大阪と奈良の関係は密接である。距離にして神戸とほぼ同じ位の30kmであるが、実際には20km弱で生駒に達し、東生駒を過ぎると、すぐに奈良市域の富雄、学園前、あやめ池といった西奈良の住宅地に入る。奈良市民でありながら大阪を向いた住民は奈良府民とも言われる。奈良の旧市街は奈良公園のある東の奥になるが、丘陵の住宅地は大阪寄りに展開するので、距離にして20~25kmといったところである。この状況は阪神間の西宮や芦屋に似ている。西宮や芦屋もまた大阪を向いた住宅地であることに変わりはない。
大阪の業務機能に対して、ベッドタウンの性格は大阪への依存を意味する。奈良の市街を東西に貫通する道路は阪奈道路があり、その延長である大宮通りであるのだが、この道路沿いに奈良県庁や市役所など奈良の中枢がある。不思議なことに奈良の街は京都府との県境までわずかに3kmほどしかない。そこにはクラスター様に京阪奈学研都市が建設されている。近鉄京都線の高の原駅はぎりぎり奈良市なのだが、ほとんど県境といった感じである。平城相楽ニュータウンの中心として早くから開けたのだが、京都府域の精華町にはけいはんなの中核施設が集まりつつある。国費の無駄遣いで話題になった、私の仕事館や国立国会図書館関西館が開館している。京都府との県境が近いことは奈良に微妙な影を落としている。この地区の近鉄の新たな路線は大阪地下鉄中央線との相互乗入れで、けいはんな線が「学研奈良登美が丘」まで伸びているが、学研都市の発展が停滞しているので、先への延伸計画は不確定である。

さて、奈良県内で最も都会的な雰囲気を持つ通勤路線というと、圧倒的に近鉄奈良線になるのだが、この線の難波行きに乗ってみると、生駒駅を出るとすぐさまトンネルに突入する。まさに大和と河内を分ける国境のトンネルである。現在はけいはんな線の開通によって二本のトンネルが並行している。生駒駅は奈良線とけいはんな線の併設駅で、一旦生駒で合流しているわけである。

長い国境のトンネルを抜けると、生駒山の中腹とも思える大阪平野の全貌が見渡せる場所に飛び出すことになるのだが、すぐに石切駅がある。ここから山の中腹を3kmばかり、南に向きを変えて徐々に下ってゆくことになる。石切から額田駅、枚岡駅があって、山を下りきると再び大阪都心方向の真西に向きを変えて、瓢箪山となる。この区間の電車から見る大阪はまことに印象的である。乗りなれた人達さえ、車窓に展開する大阪の遠景に釘付けされてしまうほどである。
e0161853_11192314.jpg

おそらく奈良県在住の人達は東京メディア発信の大阪のイメージなど、微塵も信用していないであろう。自分の瞼に焼き付けるように、誰もが素晴らしい大阪の景色を食い入るように見つめる姿がそこに見られるのである。
[PR]
# by osaka-salon2 | 2009-07-14 10:54 | 大阪の景観

【明治の森】滝と渓谷の景勝地「箕面国定公園」

◆大阪の山の景勝地といえばダントツに「箕面」です。大阪きっての紅葉の名所とあってシーズンは晩秋と思われがちですが、初夏の箕面もまた良きシーズンです。目にしみ通るような青葉のトンネル、渓流と滝が爽やかです。
梅田から30分あまりでこんな山の景勝地に到着します。大阪の地元の人は誰でもよく知ってる名所ですが、他の地方の方には大都会とのあまりの違いにビックリされるかもしれません。大阪の魅力のひとつだと思います。

昔は箕面公園の滝には、だいたい阪急電車で行ったものです。ですが今回はクルマです。クルマの方が何かと手っ取り早いですから。でも本当の箕面の良さを味わうには電車に乗って、阪急箕面駅から滝道を歩くのをオススメします。駅から滝まで渓流に沿った道を40分程度でしょうか。緑陰の遊歩道をゆっくり歩くのがいいのですよね。
自動車の場合は少し東の豊中亀岡線を走ると、滝の上の駐車場まで10分あまりで着きます。豊野・妙見口方面に抜ける道ですが、勝尾寺にも行くことのできる道です。

▼府道豊中亀岡線の山岳ドライブ
e0161853_11332877.jpg

▼麓から10分あまりで駐車場に到着します
e0161853_1134312.jpg

e0161853_11374795.jpg

▲▼つづら折れの道を下って行くと滝が見えてきます
e0161853_11381755.jpg

▼箕面の大滝に着きました。紅葉の名所なので楓が多い、楓の青葉がいいです。
e0161853_11405821.jpg

◆ところで、人によって電車派と車派とふた通りあるようですが、普段から通る場所とか、視点がまったく違うので、かなり意識、認識のズレがあるようです。昔は電車派だった私は20年位前に車も乗ることになって、両刀使いになってわかったのです。車派になってときどき体験するのですが、方向性が逆になる場合があるのですね。
電車で箕面に行く場合は、梅田から阪急宝塚線に乗って、石橋で箕面線に乗換えます。石橋から箕面の終点までは桜井、牧落、三つ目が箕面終点になるのですが、これが車ですと、新御堂筋を北へ向って、千里中央を通り越して、萱野から国道171号線を西に向けて走るか、萱野からさらに北上して箕面有料道路のところで、側道に入って終点を左折して箕面に向うかになるのです。そうすると、箕面、牧落、桜井、石橋のように逆の方向のようになるのですね。電車のときは石橋の先の箕面が遠くだと思ってたのに。車だと「桜井、石橋の方が遠いじゃん」「なんでやねん」となったりします。これはちょっと余談でした。

◆じつは、箕面に行ったもう一つの理由は、豊中亀岡線の滝に向う山岳ドライブコースから大阪都心が見えるからでした。以前に書いたように梅田から箕面の山まで直線距離で15kmです。毎日曇りの日が続いて、遠景は霞んでいる日が多いようですが・・・写真だけは撮影しました。この日も本当はダメでしたね。
この道路はいわば観光道路で、夜景も素晴らしいカップル向きのドライブデート道路なのです。以前は数ヶ所に展望駐車スペースがあったのですが、今回走ってみたら、駐車できないようにフェンスが設置していました。せっかくの楽しい道路なのに、何でこんなことすんの、がっかりしました。大阪は駐車、停車を嫌う傾向があるようです。
▼梅田方面の遠望です。左の超高層は「ザ・千里タワー」
e0161853_11453410.jpg

▼南東方面:千里中央から箕面船場のビル街、遠方に「サンマークス大日」の三本のタワー、うっすらと生駒の山並みが見えます。
e0161853_11461210.jpg

[PR]
# by osaka-salon2 | 2009-06-28 11:54 | 大阪の自然

【庭園の造形】大仙の庭園 再訪

◆摂津・和泉・河内の三つの国の境目が堺であり、三国ヶ丘と言われる。その少し南に世界最大の前方後円墳「仁徳天皇稜」がある。百舌鳥古墳群の代表的な陵墓であり、宮内庁管轄で内部に立ち入ることはできないが、南側正面の拝殿からの見学はできる。
日本最大の前方後円墳のような言葉を漠然とイメージすると、羽曳野の応神天皇陵とともに何やら古代の河内に王朝政権があったかのようなイメージになるが、そうではない。
いずれも首都としての都は難波(なにわ)である。仁徳天皇の皇居は難波・高津宮(たかつのみや)であり、応神天皇の宮殿は難波大隈宮(おおすみのみや)である。当り前であるが、お墓と宮殿の位置は必ずしも一致しない。どっちにしても宮殿の地、首都は難波ということになる。当然といえば当然なのだが・・・

仁徳天皇稜と御陵通りの道路を挟んで南側が「大仙公園」になる。
e0161853_1893724.jpg

◆庭園鑑賞は6月がシーズンということで、はたまた思い立って大仙の庭園(大仙公園 日本庭園)を再訪してみた。よく整備された日本庭園である。大仙公園の西寄りにあるのだが、公園東側の入口近くには茶室「伸庵」や「堺市立博物館」もあるが、ここからはかなりの距離がある。
庭園は南北に長い敷地に、筑山と池や渓流、滝などをしつらえた本格的な日本庭園である。庭園内の建物は数奇屋風の大きな「休憩舎」の他に、「甘泉殿」「傘亭」「流杯亭」「青苔亭」がある。休憩舎の和室は集会等に借りることもできる。

今回も多くの写真を撮影したのだが・・・載せきれないのと、腕がいまいちなのはご勘弁を。
e0161853_18111272.jpg

e0161853_1812353.jpg

e0161853_18133371.jpg

e0161853_18143127.jpg

e0161853_18171454.jpg

e0161853_1818987.jpg

★大仙公園日本庭園【庭園概要】パンフレットより
総 面 積●26,000㎡
庭園形式●筑山林泉廻遊式
設   計●大阪芸術大学教授 中根金作
休 憩 所●数奇屋風寝殿造り(建築総面積:376.07㎡ 和室18、8、4畳・土間181.7㎡)
管   理●南海・田中・大阪造園共同企業体(指定管理者)
e0161853_18194546.jpg

e0161853_1820351.jpg

e0161853_1821941.jpg

e0161853_18215858.jpg

※庭園は時間不足で南半分は撮影できませんでした。次回に行く予定にしています。
「仁徳天皇稜」と「大仙の庭園」をセットにしての観光コースはいかがでしょう。
[PR]
# by osaka-salon2 | 2009-06-21 18:35 | 大阪の公園

【大阪15km圏】神戸・西宮・宝塚、山の手住宅地から

◆梅田スカイビルのような展望台から大阪平野を眺めると、西側には海が光っているが、北と東と南側の三方は山に囲まれた平野なのが分かる。その中央に大阪の都心市街地がある。大都市が成立する条件を見事なまでに備えている。山までの直線距離は概ね15kmである。北側の箕面も東側の生駒も15km行くと山に達する。南側は葛城金剛山から、和歌山寄りは和泉葛城山系となり、かなり南下するので山の稜線は遠く霞んで見える。大阪の市街地が南北に長いことが分かる。中心点を大阪市庁のある中之島として、南に15kmの距離を取ると三国ヶ丘となる。このあたりから南は和泉丘陵となるから、やっぱり15kmで山や丘陵に達することになる。
e0161853_11181398.jpg

e0161853_11191973.jpg

では、西側はどうなのか、最初に海が光っていると書いたが、正確には海は西側でも南寄りになる。地図で確認すれば分かるのだが、梅田と神戸の三宮だと、三宮が南にあり緯度が低い、神戸駅だとさらに南で本町あたりの緯度になる。それで西側の15km圏はどこなのか見ると、夙川・甲陽園になり、これは六甲東部の山裾になる。このあたりまでが大阪平野ということになる。北部から西部の扇形地は阪急平野の言い方もあったほど阪急の影響の強い文化圏となっている。つまり中之島中心点からどの方向も15km圏の平野が広がっているのが分かる。これは東京23区の境域にほぼ等しい。東京は千代田区中心点から若干広い16km圏を特別区とした経緯がある。

e0161853_19421772.gifさて、大阪の地形を語るときに、もう一つの重要なことは河川である。梅田から北側を見ると、1,000mも行くと淀川がある。明治になって新しく造られた放水路だから新淀川と言われていたが、いつの間にかこっちが「淀川」になり、もとの旧淀川は「大川」となった。もう一つは南側にある「大和川」であるが、こちらは古いのだが、淀川と同じような経過を辿っていて、300年前に造られた人工の放水路であることもよく知られる。付け替え以前の大和川は、石川合流点から長瀬川や玉櫛川など、何本もの河川で大阪平野を北流し上町台地の北側で淀川に合流していた。この大和川の付け替え工事が300年前になる。
それよりはるか昔になるが、仁徳天皇の「堀江の掘削工事」とは大和川の治水工事だったようで、以下のような記述がある。
『日本書紀』巻十一の仁徳天皇十一年十月の条に、『宮(高津宮)北の郊原を掘りて、南の水(大和川)引きて西の海(大阪湾)に入る。困りて其の水を号けて堀江という。又、将に北の河のこみを防がんとして、以て茨田堤を築く』とあり、上町台地の北端、現在の大阪城の北側の大川から中之島方面へ通じる水路を掘ったとされ、大和川の排水を促す工事としては最初のものであり、淀川左岸の築堤とともに日本で初めての大規模治水工事と考えられている。

長々と書いているのは、何が言いたいのか。大阪の歴史は無茶苦茶に古いだけではない。よく上町台地が半島のように突き出していて河内低地は河内湖であった。もっと古くは『生駒の山裾まで河内湾の海だった』というのだが、これには時代認識があまり正確に検証されていない気がする。大和川付け替え工事のサイトを見ると、仁徳天皇の難波高津宮の時代に当る1700年前は河内湖になっているのだが、私はもっとはるか昔に大阪平野は陸地になって、河内湖はなくなっていたのではないかと思えるのである。確かに森之宮の東には「深江橋」や「深江」の地名もあり、それは海であったことを物語っているのであるが、それは少なくとも何千年前であって、千年や二千年前ではないと考えているのである。これは私自身の今後の課題である。

◆さて、大阪15km圏の住宅地に話は戻る。帝塚山など近辺の住宅適地が埋まると、大阪船場の資産家向け住宅地は早くから郊外に目が向けられた。明治から大正にかけて、同じ大阪15km圏でも武庫川西部の兵庫県の山側が最も早くから開けたようである。
神戸東灘区や芦屋六麓荘から苦楽園、甲陽園、宝塚にかけての高台の住宅地に行ってみると、非常に眺望が良好なのが分かる。阪神間の市街地と大阪湾を望み、遠くに梅田中之島の超高層ビルが林立しているのもはっきりと見える。
これを見ると「やっぱり大阪は凄い」という気になる。百聞は一見に如かずの通り、朝な夕なに見る視覚効果は絶大だと思う。仕事でこのあたりもずいぶん行ったことがあるのだが、神戸東灘区の御影山手や甲陽園、宝塚の逆瀬川や松風台、はては川西寄りの雲雀丘花屋敷にも行った記憶があった。

▼雲雀丘花屋敷から梅田方面の眺望
e0161853_1946304.jpg

e0161853_19465820.jpg

それで先日、雲雀丘花屋敷に行ってみる気になった。地図で確認すると伊丹空港から、その延長上に梅田が見える位置になる。JR川西池田駅からも行けるが阪急雲雀丘花屋敷駅からも登ることができる。住宅地はビックリするような急な傾斜地になっている。ここも阪神間に劣らず高級住宅地のようであるが、あまりに坂道が急で足腰が弱くなっては住み辛い。気を付けないと車がバックしそう。小さな公園の横から見晴らしの効く場所を確認して車を止めた。雲雀丘花屋敷から梅田までは17km余りの距離になる。
e0161853_1947312.jpg

標高は150~200mあたりだろうか。梅田方面を目視してみると、やはり思った通りの風景が広がっていた。伊丹空港の向こうに高層ビルが林立しているのが見える。東を見ると五月山近くの阪神高速の斜張橋の美しい姿も望めた。
[PR]
# by osaka-salon2 | 2009-06-19 19:50 | 都市論

上町の美学を求めて【四天王寺って、やっぱりすごい】

湯屋方丈の廊下に腰を下ろして庭園を眺める。訪れる人も少ない。何という美しい庭園だろう。
木々の緑と枯山水は美しく手入れされている・・・
「こんな静寂に包まれた庭園が大阪にあったのか~」・・・大阪の魅力を発見したような気分になってうれしくなった。

◆四天王寺の称号といえば「聖徳太子建立の日本最古の官寺」あるいは「日本仏法最初の大寺」ということになる。じっさい建立は法隆寺よりも古いのだが、私がこれまで聞くうわさとしては「伽藍はコンクリートだし、味もそっけもない」という意見がほとんどだった。
何だか「悔しいし、本当だろうか」というモヤモヤした気持ちは長く昔からあった。たびたび参拝に行くわけでもないが、時々気が向けば一心寺とは別に四天王寺も拝観には行ったものである。中心伽藍を見ながら、六時堂参拝、亀の池を見て休憩所に立ち寄って帰ることになる。
中心伽藍は何度も焼失し、今のは戦後再建されたコンクリート造だが、これが痛い。造形はともかく質感が伝わってこない感じはあった。境内もしっとりした美に欠けるきらいはあるかもしれない。
結局、信仰のお参りは非常に多いのだが、観光で来る人が少ないことになる。観光とは美を見るのが本来の姿である。
e0161853_12465454.jpg

いまは梅雨入りの6月である。このところ2週間位前から雨か曇りの日が続いている。あんまり暑くないのがよい。どこか日本庭園に出かけてみる気になった。私は庭園鑑賞の好適シーズンは6月だと思っている。普段は庭に関心のない私が、自宅の庭を飽かずに眺めるのも決まって6月だ。新緑から2ヶ月あまり、木々の葉は十分に茂りながらも、活力に満ちた緑が風にそよぐ季節・・・

雨に濡れてしっとりした緑もいい。岩を流れる水を眺めたり、樹木の葉の水滴を飽かずに眺めたのも6月だった。庭園鑑賞は晴れて良し、曇って良し、雨でも良しと思っている。
私はどちらかといえば、庭園好きである。究極の日本庭園好き。しかも大阪の庭園専門だから大阪の日本庭園は行きつくしている。天王寺慶沢園、千里万博公園も大仙公園も。しかし待てよ、四天王寺「本坊庭園」はいつも気になりながら、行ってないことに気付いた。「よし、今日は四天王寺本坊庭園に行ってみよう」決まりである。
e0161853_1256662.jpg

e0161853_12542512.jpg

e0161853_12564241.jpg

本坊庭園を見て驚いた。なんと、素晴らしい庭園である。
もしかして期待を裏切るのではないか。そう疑う心もどこかにあった。その疑いは見事にこっぱ微塵に砕かれた。同時に今まで行ってなかったのを恥じた。本坊や客殿もじつに堂々と立派。重要文化財の「五智光院」「湯屋方丈」も素晴らしい。どちらも400年前の建築だから、四天王寺建立の古さにははるかに及ばないが、どうしてどうして、すごい庭園美、建築美である。
e0161853_12584320.jpg

e0161853_12592397.jpg

e0161853_1301166.jpg

そうか~、「大阪のすごい物はいつも影に隠れているということか」・・・
じっさい目立ちにくいのもあるのと、四天王寺の規模が大きくて、境内を歩くだけで疲れてしまう。それでざっと見て帰ってしまうようだ。これでわかった。「四天王寺は味もそっけもない」などというのは「本坊庭園」を誰も見ていないのである。本坊庭園を知っていれば、そんな感想が出るはずはない・・・。
とんだ灯台下暗し、これは絶対におすすめの第一級の観光名所だ。それだけの価値十分と言っておこう。
※写真は沢山撮影してきたが、容量が大きくて載せきれない。興味のある方は「大阪情報サロン掲示板」(いちばん左)にアップしているのでご覧いただければと思う。
本坊庭園の写真一枚
では、なぜ庭園を見たくなったのか、先日「梅田北ヤード二期」に関しての報道があり、高層ビルでない方がいいだのと、またまた公園論が沸いてきたようなのだ。
e0161853_132048.jpg

e0161853_1322646.jpg

それで何かヒントになるのではないか、そう思っての庭園鑑賞だったわけである。結論は高層ビル林立が前提ながら、いちばん奥を高層高級ホテルにして、その前庭とロビーの奥は小さくても日本庭園としたい。あとは街路樹と公開緑地で十分だと思うけど。いかがだろう。
正直いえば、以前から言ってるように私は北ヤードに公園は反対である。公園だけでなく高層マンションも反対である。梅田も少し離れるとマンションもあるのだが、正味の駅北口だからオフィスビルの聖地にしてほしかった。余計なことは考えず高層ビルを立てまくってほしい。ここにきて大阪市長がこうした発言をするのは、何かおかしい。裏があるのではないか。経済同友会はじめ関経連の下妻会長もいつのころからか公園に転換したようだし。心配になってくるよね。政治的なへんな匂い。大阪をしょぼくしたい得たいの知れない勢力とつながってなければいいのですが・・・。
※拝観料「本坊庭園」、大人300円。中心伽藍300円、宝物館が200円、以上が有料拝観でその他は無料
[PR]
# by osaka-salon2 | 2009-06-13 13:19 | 史跡探訪