ブログトップ

大阪情報サロン

osakasalon.exblog.jp

【検証:大阪の道路】国道176号・十三バイパスの一方通行は?

▼国道176号十三バイパスの一方通行はこれでいいのか?が、私からの問題提起でしたが、
『一方通行は諸悪の根源』という最初に結論ありきなのか、あるいは私の間違いの可能性も否定できません。確認のためもう一度走ってきましたが、区民センター前で渋滞していました。
以下にもう一度、掲示板から転載します。

◆『現状の一方通行では、十三以北から淀川以南の大淀・福島方面に行くには十三大橋を渡るしか道路はないのですが、十三バイパスが相方向だったら、この新十三大橋を使うことができます。

十三の主要道路は176号線以外に、加島からの十三筋と、新北野を東西に横切り、塚本・歌島橋からの淀川通りがあります。
これらの道路からもどうしても旧十三大橋を渡る必要がありますが、十三バイパスが相方向だったらダイレクトに福島方面に行けることになります。道路が一本の機能と二本あるのとでは雲泥の差と私は思うのです。
十三バイパスはあとでつくったのですから、一本が二本になった効果は絶大なはずです。それを二本ありながら一方通行によって一本の機能にしてしまったのが間違いと考えております。

それと十三バイパスの設計は根本的な誤りがあります。
淀川以南が入口で「なにわ筋から2車線」「中津から2車線」の合計4車線、本線も4車線ですが、私の理論では入口の車線数は少なくても問題はないこと。
ところが淀川を渡り終えて、左に淀川通りへの降り口ランプ、そのまま4車線でやや右カーブで、右に淀川通りからの入口があって、今度は左に十三筋への降り口2車線で、ここから車線が2車線に減少して、右側に武田薬品専用のランプがあって、左から十三筋からの上りランプが2車線の本線に合流して、右に直角に近い急カーブで2車線のまま区民センター前交差点に降りる構造です。
e0161853_22222949.jpg
 ▲写真は直角にカーブして、東に向きを変えた区民センター前からの渋滞の様子

区民センター前以北の国道176号が片側2車線なので、十三バイパスからの降り口も2車線でOKと考えたのでしょうが、直進できる道路もあるうえ、176号南行きもあるので、区民センター前は左折、直進、右折車線(戻ることになるが)が必要です。
左折2車線、直進・右折をそれぞれ1車線としても、合計4車線が必要ということになります。
計算上は相方向道路としての交差点の必要車線数で、現状の一方通行であれば、交差点手前の車線はもっと必要と思います。途中の本線の車線は一方通行でも2車線もあれば十分です。

新御堂筋もこれと同様の問題があって、南行き梅田降り口は過去に何度も降り口を追加した経緯があります。それでも渋滞は解消しなかったのですが、もっとも新しい1号線を越えるランプが追加されてほぼ解決した状況です。ここは1車線ながら信号の手前で2車線にしてあります。
e0161853_101315.jpg
▲新御堂筋・梅田降り口ランプ、左の淀屋橋方面は新たに増設されたランプ

新御堂筋をよく考えてほしいのですが、JR線を越えるSカーブの付近は2車線です。左に梅田センタービル「ヘプの観覧車」や「ボートピア梅田」のビルが見えるあたりです。この2車線の流れをさばくためには、降り口ランプは最初に中央に梅新東に1車線、右に南森町へ1車線、左に淀屋橋への1車線ですが、梅新への降りた信号では2車線になっています。淀屋橋方面へも信号の手前で2車線です。南森町への信号部分だけは1車線のままですが、これで降り口合計の車線数は5車線になります。
信号のない2車線の高架道路の流れをさばくためには、少なくとも信号の手前で5車線くらいは必要ということになるのですが、いかがでしょうか。

万博公園外周道路は、3車線一方通行ですが、外側1車線は左折用車線のようにしか機能していないので、実質2車線でも十分です。

全般的に大阪市内の道路は一方通行という、無駄が生じる構造ながら、信号システムで制御されて、格好がついてる感じがします。』

◆北行きの十三バイパスを区民センター前まで、実際に走ってきました。
交差点信号では2車線になっていますが、方向を指示する案内標識はありませんでした。道路に白線で左側車線のみ、左折の矢印がありましたが、右側車線には矢印はありませんでした。ですから、左折・直進・右折もできるのですが、右折する車はなかったようです。規制が多く見落としもあるので違反に問われないか不安になります。
それから176号を新高方面に北方貨物線の跨線橋を越えてから、また引きかえして、今度は南行き、梅田方面に走ってみました。

▼国道176号・区民センター前交差点で、南方面を向いた写真です。阪急神戸線を越える跨線橋は南行き3車線の一方通行になっていますが、3車線の必要はない。下の2枚目写真は十三交差点の信号待ちです。
e0161853_2240208.jpg

e0161853_22404271.jpg

▼十三大橋を渡って中津まで来た写真です。
e0161853_22451199.jpg

◆十三バイパスの北行きを一方通行から相方向にした場合、どうなるのか。白線の引きかえだけでは無理で、南行き入口ランプの新設が必要になります。
とりあえず、考え方のみ記しておきたいと思います。北行き一方通行4車線のバイパスを南行き1車線、北行き3車線として必要ランプを追加する。
現状、176号線南行き3車線の阪急神戸線跨線橋は一方通行とせずに北行き1車線、南行き2車線とする。3車線の必要がない。これで北行き車線が1車線増えることになるが、これでも渋滞解消は無理な感じで、いちばんのネックのバイパスからの区民センター前合流交差点への、信号手前でもう1車線の増設が必要でしょう。新高1の北行きも渋滞するので、バイパスの新高までの延長も考える必要がありそうです。区民センター同様、阪急神戸線に沿って新高1の西側からの取付けとしたい。
[PR]
by osaka-salon2 | 2008-12-24 23:05 | 大阪の道路
<< 梅田:大阪駅前第三ビル展望台から 天保山のクリスマス >>