ブログトップ

大阪情報サロン

osakasalon.exblog.jp

『都市と高層ビルの話をしょう』

◆かつて建築という分野はあっても、それを趣味にする人などは稀なことだった。まして建築の写真を撮影するなどプロか変人くらいのものでしかなかった。それが30年位前から超高層ビルの出現によって今では立派な趣味のようである。超高層の持つシンボル性、神殿効果の賜物であろうか。
さて、私たちが超高層ビルを意識するようになったのはいつの頃からだろうか。日本では「三井霞ヶ関ビル」が最初で1968年の完成である。その後東京に「世界貿易センタービル」と神戸に「神戸商工貿易センタービル」が同じような意匠で完成した。このあたりが黎明期のビルで、すぐに大阪でも「大阪国際ビル」「大阪大林ビル」「中之島センタービル」などの超高層ビルが計画され立ち上がった。
東京新宿副都心で最初の超高層は「京王プラザホテル」であった。地上47階という高さもさることながら、新宿副都心で先陣を切ったので注目された。その後少し間があったようだが、次々と200m越えの超高層が鉄骨を伸ばしていく姿がよくテレビにも映し出された。大阪の人間は指をくわえて見ている他はなかった。
この頃になると、ポスターや雑誌などにニューヨークのビル群が写っている写真を見かけることが多くなった。そこには群を抜く高さの二本の直方体が写っていた。これが噂に聞く「ワールドトレードセンター」であるらしかった。この魅力的なシルエットは一目で分かるシンボリックなもので、ビル無関心派もビル好きに変えてしまうほどであった。同時にアメリカの経済力の象徴にも見えた。
e0161853_21575614.jpg

◆そんなとき1983年の夏だったと思うが、「松下がOBPにツインタワー建てるらしい」と弟が話していた。どこからのニュースなのか聞かなかったが私より知るのは早かった。私も嬉しくなって会社で同僚に話した「松下が38階建てのツインタワー建てるらしいで」と、私はNYのツインタワーが念頭にあったから「あんまり大したことないけど」と付け加えた。そしたら「大したことあらへんことあらへん」とのことだった。同僚は当時からニューヨークもヨーロッパも、あっちこっち海外は以前の職業柄行って知っているらしかった。「NYはあんまり緑はないね」とか、よく話していた人だった。そうこうしていたら新聞発表があり、9/1付けの紙上に計画が報じられた。「ツイン21、9/16起工式」の見出しだった。購買紙は読売新聞だったが、この切抜きは今も保存してある。
この同僚は地方の出身で大阪人ではなかったが、都市やビルについてよく話した。大阪に高層ビルが増えつつあったのも共通の認識だった。「神戸なんか何もあらへん」とも言っておられた。当時の大阪は高層ビルはまだ少なかったが、それでも梅田上空からの空撮写真が読売新聞に掲載されたのを見ると、けっこうな迫力があった。ダイヤモンド地区の上空からの写真で、すでに第一~第四ビルや「マルビル」や「アクティ」「ヒルトン」なども立ち上がって超高層ビル街の風貌はあった。
e0161853_2212679.jpg

◆「ツイン21」はおよそ二年半の工期で1986年の春に竣工した。もちろん私も見物に出かけた。MIDタワーの38階が展望フロアになっていた。とにかく凄い人気でごった返していた。これを見ると普通の人も超高層ファンなのが分かった。振り返って考えると、NYのワールドトレードセンターに重ねたツインタワーへの憧れ、それが大阪に出来た喜びだろうか。それを裏付けるようにその後の大阪は各地でツインタワーの建設が相次いだ。それはニューオータニのタワーのような都島の「ベルパークシティ」から、泉大津の「アルザタワー」、堺の「ベルマージュ」、弁天町の「オーク200」、果ては「りんくうゲートタワービル」もツインタワーで計画された。
e0161853_223064.jpg

◆ツインタワーブームの流れは「梅田スカイビル」で頂点に達したようだった。クリスタルタワーを大きくして二本並べたような「梅田スカイビル」の出現で、大阪のツインタワー競争に一応の決着が下った。そんな時代があって、どのくらいの時間がたったのだろうか・・・。
ある日の晩、NHKの9時のニュースにワールドトレードセンターのタワーが炎上しているのが映し出されていた。信じられないような光景が鮮明に映されていたが、どうも要領を得ない説明だった。そのうちもう一つのタワーに旅客機が突っ込んでテロと分かった。ほどなくして、まさかのワールドトレードセンターの一本の崩壊が起こった。「うわぁ~~」悲鳴が口から出た。少し倒れるように崩落していった。残る一本も真ん中に突っ込んだので助かりようもなかった。熱さに耐えかねたのか、人が落下していくのも映っていた。目を覆いたくなるシーンだった。二本目は重みに耐えられなくなったようだった。下階を押し潰すように真下に崩落した。こうして憧れのツインタワーは悲惨な終焉を向えた。2001・9・11だった。

写真:1枚目ロアーマンハッタン「ワールドトレードセンター」を望む写真、ポスターからの複写による。2枚目「ツイン21」の竣工当時 3枚目お馴染み「梅田スカイビル」。2枚目3枚目は私の撮影です。
『都市と高層ビルの話をしょう』は連載します。
[PR]
by osaka-salon2 | 2009-01-22 22:18 | エッセイ
<< 『都市と高層ビルの話をしよう:2』  JR東西線の現況は? >>