ブログトップ

大阪情報サロン

osakasalon.exblog.jp

『都市と高層ビルの話をしよう:2』 

『超高層ビル設計の一考察』
◆日々鉄骨が伸びる「梅田阪急ビル」が迫力を増しているが、今春に着工されるプロジェクトに「中之島フェスティバルタワー・東棟」と「近鉄阿部野橋ターミナル」がある。「中之島フェスティバルタワー」は高さ200mのツインタワー。「近鉄阿部野橋」は高さ約300mで、どちらも大阪最大規模の超高層ビルである。
e0161853_22341728.jpg

◆「中之島フェスティバルタワー」の高さ200mは制限いっぱいのため確定であろう。敷地は地図で確認すると一辺約90mのほぼ正方形で、フェスティバルホールを内蔵する低層部と、上に高層オフィス棟を載せた構造である。発表パースによると、高層棟も正方形ながら四隅のコーナー部と各4面も緩いR曲面となっている。
こうしたデザインの評価はともかく、我々の関心事のひとつに、細身に見えるデザインがある。NY・ワールドトレードセンターのツインタワーは415mという高さもさりながら、正方形のタワーの平面は一辺約63mの太さで、415×63という平面の幅に対して約6.6倍の高さを持つ。シンプルな直方体かつ極めて細身のタワーが特徴であり、この比率と同時にタワーが二つ並んだことによってあの独特のフォルムが生み出された。
e0161853_2235284.jpg

◆前回に触れた「ツイン21」も日建設計の設計になるが、NY・ワールドトレードセンターをかなり意識したようである。それは「3WTC」と呼ばれるビルが、高さを抑えたホテルニューオータニに似ているのである。いわばツインタワーの引き立て役のビルがあったのだが、同じ地区に最高高さの同じビルが増えると、全体の調和は保てるがツインタワーの価値は下がる。これは建築協定や高さ制限があるのでやむを得ないのかもしれない。
e0161853_223737100.jpg

◆では、この「中之島フェスティバルタワー」のタワーの太さはどうなのか。設計図を見ていないので正確な数字は不明であるが、敷地の広さやパース、模型から推測すると、「ワールドトレードセンター」のタワーの太さと近似したものと思われる。つまり200mの高さのタワーをもう一本継ぎ足し400mにして始めて同じような細身のフォルムになる。どうも圧倒的な存在感は出ても、スレンダーなビルにはならないようである。今春から解体工事にかかるので、もう最終の実施設計は終っているかもしれない。設計は組織系最大手の日建設計である。
e0161853_22382691.jpg

e0161853_22391038.jpg

◆大阪の超高層ビルを見ると、全般的に極めて細身に見えるのが特徴のようである。実際は太くてもデザインによって細身にしているビルが多い。一本だと太くて威圧感があるのをツインタワーにして細身の二本にしているのもデザイン的技法といえる。
細身に見える代表的なビルに「ハービス大阪」がある。このビルは東西方向から見ると極めて細く見えるが、南北方向からだと太く見える。このビルはよく見ると、東西の正方形のツインタワーを対角線に合体させたデザインなのが分かる。これは細身に見せる執念によってデザインを完成させたのであろう。他にも梅田センタービルの如く、シティタワー西梅田の如く、広い幅の一辺を細く見せる工夫は直方体の集合であったり、四隅の角を直角とせずに雁行させるなどの工夫が見られる。
はたして東京の超高層でこうした細く見える工夫のビルはあるのだろうか。私が東京のビルを知らないだけかもしれないが、ほとんどないようである。むしろ巨大な壁面自慢のビルが多い。一つだけ上げると「東京オペラシティタワー」が細身に見える工夫がみられるビルで、四隅を大きくカットして、四面の直線部分を小さくしているのである。

◆「中之島フェスティバルタワー」は工期4年で平成25年春竣工予定。近鉄「阿部野橋ターミナル」は工期5年平成26年春竣工の予定である。両方共に解体工事と、地下部分に長期を要するので、鉄骨が地上に姿を現すのは2年近くはかかりそうである。
[PR]
by osaka-salon2 | 2009-01-27 22:23 | エッセイ
<< 『都市と高層ビルの話をしよう:3』 『都市と高層ビルの話をしょう』 >>