ブログトップ

大阪情報サロン

osakasalon.exblog.jp

大阪の未来を決する『京橋』の整備・再開発

◆この前、大阪の街が誤解されるのは、「電車の車窓から都心部がまったく見ることができない」ということを書いたがこれは事実。都心部を走る鉄道は地下鉄と一部の私鉄になるがいずれも地中を走っている。地上を走る主たる鉄道はJR大阪環状線である。その森ノ宮-天王寺間の景観は最悪の部類になると書いたのだが、ちょっと悪く言いすぎたようである。最近JR環状線にあまり乗ってないし、外を注意深く見ているわけでもない。いわば20~30年前のイメージで語ったようなので、じっさい電車に乗って見てみることにした。
e0161853_1255374.jpg

じっさい見てみると御堂筋のような整然とした感じはないが、昔の瓦屋根の延々と続く景観はかなり解消されていた。とくに桃谷・鶴橋付近からの景観は激変していたのである。それは上本町付近の上町台地そのものに超高層マンションが林立し、再開発で大きく街並みは変貌していた。イメージだけで語ることの愚かさを悟った次第である。東側は見てなかったが。
で、大阪環状線はどうあるべきか。私の考え方は平成17年に発表したものを、このブログの「街づくり提言」に再録してあるので参照していただくとよい。その南北を逆にした地図をもう一度掲載する。

e0161853_13354696.gif◆大阪の都心南北軸は地下鉄御堂筋線である。新大阪-梅田-淀屋橋-心斎橋-難波-天王寺をつなぐのが御堂筋線である。だれが見ても最強の路線といえる。すべては御堂筋線に通ずの如きである。梅田の阪急などはもちろん京阪・近鉄も以前から淀屋橋と難波に到達していた。大阪の都心軸は御堂筋線に偏り過ぎている。これを都心軸とすれば、別に副都心軸がもう一本ほしい。そこで環状線の東側を整備して京橋を最大の拠点にしたら大阪の都市機能は飛躍的に強化されるのではないか。




e0161853_130764.jpg

◆天王寺・上本町(鶴橋)-京橋-淡路-新大阪を東部の副都心軸とするのである。その中核が京橋となる。以前に掲示板で京橋の再開発プランを問いかけたことがあった。それには常連で京橋通のOCPさんが地図にプランを描いて、見事なプレゼンテーションを提示してくれたので、そのOCPさん作図のプランをもう一度掲載する。環状線のホームを少し南へずらしたうえで、大規模な15階建ての駅ビルをホ-ム上に建設する。天王寺MIOを大きくしたイメージである。西側のダイエーの敷地も建替え再開発として、25階建ての店舗・ホテルからなるビルとオフィスビルの二棟を新築する。高さは100mと130mである。寝屋川の両岸は遊歩道を整備して桜を植樹する。
e0161853_12583556.jpg

◆OCPさんのプランはそんなイメージであった。先日、京橋を見て回ったのだが、京阪京橋駅を含めて北側はかなりよくなっている。コムズガーデンには地下鉄京橋駅もあり、周辺のオフィスビルや各種の施設が入り乱れて、十分なポテンシャルがありそうである。いわばJR駅の付近だけが悪いのである。東側一帯の環境はよくないけれども、再開発という機会にでも整備できたらと思う。
e0161853_1320282.jpg

e0161853_13211172.jpg

京橋という駅名ははるか遠くの天満橋寄りの日経新聞社横の橋の名前からきているそうだ。そして現在の京橋といえば駅付近の通称地名になってしまった。この雑然とした繁華街だけが京橋では具合が悪い。新宿といえば副都心・高層ビル街がイメージされるように、京橋もOBPがイメージされるような戦略が必要なのである。大阪の最大の間違いは「名を捨てて実を取ること」、逆に「実を捨てても名を取ること」が大阪には必要と痛感する。
e0161853_13303937.jpg

◆私の提言では東京に対応させれば京橋が新宿であり、現環状線の大阪-京橋間は環状線の内側を貫通する中央線であり、JR東西線はメトロ東西線と考える。新大阪は品川と考える。そう新宿-品川間に相当する路線は大阪では未成線だったのである。これはこれから造る外環状線の北部である。新大阪から梅田北ヤード新駅に延長が発表されたそれである。
私鉄はともかく、JRに関しては関東・東京の路線は完璧なまでに整備されている。この路線網をお手本にしない手はない。大阪の欠点はあまり東京を真似ないことである。「東京にあるものは大阪にいらん」じゃなくて「東京にあるものは全部大阪にも造る」としたい。東西二大都市、東西二眼レフ論としたい。東京の貪欲なまでの発展は大阪を意識し、出し抜くことが原動力になったようである。
[PR]
by osaka-salon2 | 2009-02-16 13:01 | 街づくり提言
<< ミュージアム周遊が今風・・・『... プロジェクトetc・「あっちこっち」 >>