ブログトップ

大阪情報サロン

osakasalon.exblog.jp

【庭園の造形】大仙の庭園 再訪

◆摂津・和泉・河内の三つの国の境目が堺であり、三国ヶ丘と言われる。その少し南に世界最大の前方後円墳「仁徳天皇稜」がある。百舌鳥古墳群の代表的な陵墓であり、宮内庁管轄で内部に立ち入ることはできないが、南側正面の拝殿からの見学はできる。
日本最大の前方後円墳のような言葉を漠然とイメージすると、羽曳野の応神天皇陵とともに何やら古代の河内に王朝政権があったかのようなイメージになるが、そうではない。
いずれも首都としての都は難波(なにわ)である。仁徳天皇の皇居は難波・高津宮(たかつのみや)であり、応神天皇の宮殿は難波大隈宮(おおすみのみや)である。当り前であるが、お墓と宮殿の位置は必ずしも一致しない。どっちにしても宮殿の地、首都は難波ということになる。当然といえば当然なのだが・・・

仁徳天皇稜と御陵通りの道路を挟んで南側が「大仙公園」になる。
e0161853_1893724.jpg

◆庭園鑑賞は6月がシーズンということで、はたまた思い立って大仙の庭園(大仙公園 日本庭園)を再訪してみた。よく整備された日本庭園である。大仙公園の西寄りにあるのだが、公園東側の入口近くには茶室「伸庵」や「堺市立博物館」もあるが、ここからはかなりの距離がある。
庭園は南北に長い敷地に、筑山と池や渓流、滝などをしつらえた本格的な日本庭園である。庭園内の建物は数奇屋風の大きな「休憩舎」の他に、「甘泉殿」「傘亭」「流杯亭」「青苔亭」がある。休憩舎の和室は集会等に借りることもできる。

今回も多くの写真を撮影したのだが・・・載せきれないのと、腕がいまいちなのはご勘弁を。
e0161853_18111272.jpg

e0161853_1812353.jpg

e0161853_18133371.jpg

e0161853_18143127.jpg

e0161853_18171454.jpg

e0161853_1818987.jpg

★大仙公園日本庭園【庭園概要】パンフレットより
総 面 積●26,000㎡
庭園形式●筑山林泉廻遊式
設   計●大阪芸術大学教授 中根金作
休 憩 所●数奇屋風寝殿造り(建築総面積:376.07㎡ 和室18、8、4畳・土間181.7㎡)
管   理●南海・田中・大阪造園共同企業体(指定管理者)
e0161853_18194546.jpg

e0161853_1820351.jpg

e0161853_1821941.jpg

e0161853_18215858.jpg

※庭園は時間不足で南半分は撮影できませんでした。次回に行く予定にしています。
「仁徳天皇稜」と「大仙の庭園」をセットにしての観光コースはいかがでしょう。
[PR]
by osaka-salon2 | 2009-06-21 18:35 | 大阪の公園
<< 【明治の森】滝と渓谷の景勝地「... 【大阪15km圏】神戸・西宮・... >>