ブログトップ

大阪情報サロン

osakasalon.exblog.jp

【近鉄奈良線】生駒山中腹「石切」から見る大阪市街

皆様、「大阪情報サロン」久し振りの更新です。
メインのPCは電源が入らずクラッシュ。ちゃんと表示しないサブPCからテスト更新してみます。

大阪と奈良を結ぶ主要道路のひとつ阪奈道路を奈良から大阪に向かうと、生駒の峠を過ぎると道路は急な下りとカーブの連続になる。奈良側が緩やかな丘陵地帯であるのに対して、大阪側は山から一気に平野になって、山を駆け下る感じになる。
その阪奈道路から見る大阪都心は昔から魅力的な光景であった。大阪の超高層ビル建設の歴史を示すように、時代時代によって大阪市街の見え方も変化してきた。阪奈道路は国道ではないが、長く大阪・奈良間の最も重要な道路であった。昭和30年代初頭の開通当時、高速道路などという概念はなくて有料道路であったのだが、現在走ってみても名阪国道によく似た準高速道路のような印象の道路である。中央分離帯四車線の立派な道路で信号はほとんどなくて、他の道路との接続はインターチェンジからに限定されている。

しかし、この立派な道路も第二阪奈有料道路の開通によって阪奈間最重要の使命の座は明渡した。時代の成せる技で、第二阪奈は長いトンネルで生駒の山を直線で貫通している。しかも阪高東大阪線とダイレクトにつながる。大阪奈良の府県境を分ける、生駒信貴の山並みは山頂の標高が642mの峰である。昭和30年代はトンネルという選択肢はなかったとみえて、つづら折れのカーブで山を越えなくてはならなかった。大阪側の急な斜面に四車線の道路をつくるのは無理であったのか、大阪寄りの上下線は別ルートになっている。
大阪と奈良県を結ぶ道路は意外に多い。主要なのを北から順に上げると、国道163号、阪奈道路、第二阪奈、国道25号、国道165号、国道166号、南阪奈、国道309号といった感じになる。鉄道の場合は難波・上本町・天王寺から近鉄の奈良線・大阪線・南大阪線、JR大和路線などがあり、近鉄は奈良県内では京都線・橿原線が南北に走っている。奈良県では近鉄がJRを圧倒した存在である。とくに近鉄奈良線が通勤路線として重要である。

大阪奈良の境には生駒山地が立ちはだかっているにも関わらず、大阪と奈良の関係は密接である。距離にして神戸とほぼ同じ位の30kmであるが、実際には20km弱で生駒に達し、東生駒を過ぎると、すぐに奈良市域の富雄、学園前、あやめ池といった西奈良の住宅地に入る。奈良市民でありながら大阪を向いた住民は奈良府民とも言われる。奈良の旧市街は奈良公園のある東の奥になるが、丘陵の住宅地は大阪寄りに展開するので、距離にして20~25kmといったところである。この状況は阪神間の西宮や芦屋に似ている。西宮や芦屋もまた大阪を向いた住宅地であることに変わりはない。
大阪の業務機能に対して、ベッドタウンの性格は大阪への依存を意味する。奈良の市街を東西に貫通する道路は阪奈道路があり、その延長である大宮通りであるのだが、この道路沿いに奈良県庁や市役所など奈良の中枢がある。不思議なことに奈良の街は京都府との県境までわずかに3kmほどしかない。そこにはクラスター様に京阪奈学研都市が建設されている。近鉄京都線の高の原駅はぎりぎり奈良市なのだが、ほとんど県境といった感じである。平城相楽ニュータウンの中心として早くから開けたのだが、京都府域の精華町にはけいはんなの中核施設が集まりつつある。国費の無駄遣いで話題になった、私の仕事館や国立国会図書館関西館が開館している。京都府との県境が近いことは奈良に微妙な影を落としている。この地区の近鉄の新たな路線は大阪地下鉄中央線との相互乗入れで、けいはんな線が「学研奈良登美が丘」まで伸びているが、学研都市の発展が停滞しているので、先への延伸計画は不確定である。

さて、奈良県内で最も都会的な雰囲気を持つ通勤路線というと、圧倒的に近鉄奈良線になるのだが、この線の難波行きに乗ってみると、生駒駅を出るとすぐさまトンネルに突入する。まさに大和と河内を分ける国境のトンネルである。現在はけいはんな線の開通によって二本のトンネルが並行している。生駒駅は奈良線とけいはんな線の併設駅で、一旦生駒で合流しているわけである。

長い国境のトンネルを抜けると、生駒山の中腹とも思える大阪平野の全貌が見渡せる場所に飛び出すことになるのだが、すぐに石切駅がある。ここから山の中腹を3kmばかり、南に向きを変えて徐々に下ってゆくことになる。石切から額田駅、枚岡駅があって、山を下りきると再び大阪都心方向の真西に向きを変えて、瓢箪山となる。この区間の電車から見る大阪はまことに印象的である。乗りなれた人達さえ、車窓に展開する大阪の遠景に釘付けされてしまうほどである。
e0161853_11192314.jpg

おそらく奈良県在住の人達は東京メディア発信の大阪のイメージなど、微塵も信用していないであろう。自分の瞼に焼き付けるように、誰もが素晴らしい大阪の景色を食い入るように見つめる姿がそこに見られるのである。
[PR]
by osaka-salon2 | 2009-07-14 10:54 | 大阪の景観
<< 【難波】マルイト難波ビル竣工 【明治の森】滝と渓谷の景勝地「... >>