ブログトップ

大阪情報サロン

osakasalon.exblog.jp

【難波】マルイト難波ビル竣工

地上31階建ての高層ビルの「マルイト難波ビル」が竣工し、入居店舗の開店が始まった。「ジュンク堂書店難波店」、食品スーパー「ライフなんば店」は22日に開店、上層階の「ホテルモントレグラスミア大阪」が27日、1・2階の「ホームセンターダイキ」も8月1日オープン予定となっている。
e0161853_1214029.jpg

e0161853_12144283.jpg

◆ジュンク堂難波店
書店チェーン大手のジュンク堂書店(神戸市中央区)の難波店が22日、大阪市浪速区のJR難波駅近くの高層ビル内にオープンした。売り場面積が約4600平方メートルと、同市北区堂島にある大阪本店(約4900平方メートル)とほぼ同等で、関西最大級の書店。 難波店はジュンク堂にとって大阪市内で5店目で、マルイト難波ビルの3階と地下1階に入居。3階は約3600平方メートルもある広い売り場を生かし、強みとする専門書から実用書、雑誌まで幅広く品ぞろえした。約千平方メートルの地下1階はすべてをコミック売り場に充てた。
e0161853_12155663.jpg

e0161853_12171043.jpg

e0161853_12535487.jpg

◆ライフなんば店
 食品スーパー大手のライフコーポレーションは23日、JR難波駅に隣接する複合商業ビル「マルイト難波ビル」地下に「ライフなんば店」をオープンした。同日、会見した岩崎高治社長兼COO(最高執行責任者)は、関西圏で下期に2店舗、来年度は6店舗を出店する方針を明らかにした。
 なんば店は同社で初の駅直結型複合店。高級感のある食材やビジネスマン向けの総菜などを強化、売り場面積1760平方メートルに、生鮮食料品や日用品のほか、ドラッグストアや焼きたてのパンを販売する専門店などをそろえている。
株式会社ライフコーポレーションは、大阪市東淀川区に本社を置く食品スーパーマーケットチェーンであり、関東地方、近畿地方に店舗を有する。東証、大証第1部に上場している。現在は、三菱商事の持分法適用会社。
ダイキ株式会社は、愛媛県松山市に本社を置くホームセンター業、住宅設備および環境設備製造・販売企業である。かつて東証一部に上場していた。

※難波OCAT地区に竣工した大型の超高層ビルですが、外観・入居店舗構成ともに、やや都会的洗練を欠く内容になっている。JR難波駅周辺の立地を非常に的確に読んだ構成ともいえる。商業地区として難波は第一級でも、JR難波は中心から外れる地区でもある。
しかし、将来的には阪神なんば線も開通しており、近鉄難波駅はかなり西寄りにあることから、地下鉄四つ橋線のなんば駅、JR難波駅と接続がよくなっている。
ジュンク堂書店の巨大店舗は大阪市内で5店目となっている。堂島・大阪本店、梅田ヒルトンプラザ店、天満橋店、千日前店(旧難波店)、そして新規の難波店。いくら巨大店舗でもうまくいくのだろうか。
[PR]
by osaka-salon2 | 2009-07-25 12:50 | 都市開発
<< 【大阪15km圏】神戸・西宮・... 【近鉄奈良線】生駒山中腹「石切... >>