ブログトップ

大阪情報サロン

osakasalon.exblog.jp

梅田:大阪駅前第三ビル展望台から

▼梅田の展望スペースの一つです。33階に上がってみると、飲食レストラン街になっていて、東西に展望スペースがあります。
東側は京橋方面でこんな感じ、左に天満OAP、右にOBPが見えています。出来て何十年もたつと新鮮味はないようです。
e0161853_12233519.jpg

▼東南側は中之島・北浜方面です。こちらは鮮度良好、「北浜タワー」が存在感を高めています。遠く上本町方面にも林立する超高層が確認できます。
e0161853_12332632.jpg

▼西側のお馴染み定番ビル群です。カメラの習性で歪むので撮りにくい。梅田DTタワー入れてなかった。
e0161853_12383159.jpg

▼あとは西南側の堂島・中之島です。「堂島アバンザ」と「アクア堂島」、いいビルだけど、高さが今一歩なのが惜しい。毎日新聞の跡地はもうすぐ建ち上がるでしょう。
e0161853_12431335.jpg

▼本日のおまけは、梅田阪急ビル建替え。かなり上がりました。昨日の産経新聞の夕刊一面をこのビルが飾っておりました。
e0161853_12475195.jpg

◆平日の昼間でしたが、地下鉄西梅田駅からこのあたりぶらついてきました。B1階とB2階あたり、昼どきはサラリーマンで飲食店は賑わっていましたが、ビルのOL以外女性は少なめなのが気になります。オトコ専門の地下街はいただけません。上の階はオフィスなので問題はないのですが、公共通路的な地下のテナント部分。
女性が寄り付かない理由はただ一つ、あまり綺麗じゃないこと。「ディアモール大阪」の地下街のとびきりの綺麗さとはあまりの格差です。
▼「ディアモール大阪」には、こんなクリスマスツリーもありました。
e0161853_1392921.jpg

e0161853_1311611.jpg

◆何かと批判が多い大阪駅前再開発ビル群ですが、地下のシャッターを閉めた店舗とか、ビルのグレードとか何も言いません。お役所仕事であってもセンスを磨いてほしいのは、ネーミングのセンス。
この名前はいただけません。地方の駅前再開発ならいいかもしれませんが、『大大阪』ですよ。『天下の大阪』ですよ。しかも『天下の梅田』です。それが「駅前」って、うらぶれた語感、印象になりませんか。大阪の価値を落とす名称ということです。
東京マスコミはこうした印象操作はよく心得ていますので、大阪にはカッコいい名前は避けています。だから「キタ」とか言って直さないのです。これに影響を受けて大阪自身も流されて「キタ」などと言ってはいけないのです。つまりマスコミの言い方をそのまま言わないのが正解です。
ここの住所表示は「梅田」ですが、私なら『曽根崎第一ビル』『曽根崎第二ビル』とします。周りの住所は「曽根崎」となっていますので・・・。
◆そうそう、JR東西線の「北新地駅」もいけません。私は『曽根崎駅』を推していたのですが、得体の知れない力(大阪を立派にさせたくない勢力)に、へんな駅名にされてしまったのでした。
[PR]
by osaka-salon2 | 2008-12-25 13:11 | 大阪の景観
<< 『梅田阪急ブランドは今』 【検証:大阪の道路】国道176... >>