ブログトップ

大阪情報サロン

osakasalon.exblog.jp

カテゴリ:プロジェクト( 4 )

梅田から天王寺

◆梅雨の明けるのが遅かったけれども、スカッと晴れずに豪雨被害や地震とは驚いた。
大阪は見えない地下河川にお金をかけて整備しているから、大雨でも大丈夫だよ。
家族にはそう言って、大阪の都市整備の姿勢を説いてみる。「大阪は見た目より中身」とばかり、目立たない外堀から埋めるのですよと・・・。

明日からお盆の今日、朝から晴天になったので、取材もあって梅田に出かけた。阪急梅田駅や大阪駅も覗いたし、久し振りに阪急グランドビルにも上がってみた。梅田阪急ビルは外観もできあがり、外構や内装などの追い込み工事のようだ。
大阪駅新北ビルは巨大な姿を現してきた。北ヤード側に周ると外装タイルの貼られた壁面の取付けも進み、全体のイメージが掴めるようになってきた。
いつも車でうろうろするのが、今日は電車でのお出かけにした。何しろ梅田である。移動は車にはかなわないけれど、大阪市内は駐車場のコストがやたら高くつく。まして梅田は車で来る場所ではない。

◆電車移動の甲斐あってか、帰り道、天王寺まで帰り着いて、近鉄電車に乗り換えるため、近鉄阿部野橋駅の中を通り抜けたら、駅や百貨店も工事中とは思えないほど上手く出来上がっていた。
感心しながら、ふと見ると、阿部野橋プロジェクトのPRポスターが貼ってあった。
e0161853_23442391.jpg

何やら興奮してくる。おまけにビルのパースが印刷された美麗なパンフレットがあったので、2部いただいた。裏を見ると、工事概要も書かれてあった。
そこには設計・竹中工務店とある。うしろにシーザー・ペリ氏が連名のように書いてあった。そうか~、外観デザインはシーザー・ペリにしても、これだけの規模の建築だから、当然、詳細な実施設計が必要になる。それが竹中工務店とはよかった。
竹中工務店は良質な設計に定評がある。「ハービス大阪」や「クリスタルタワー」など、大阪の有名ビルに竹中工務店の設計が多い。建築会社は建てるのが主たる事業だから、設計は別である場合が普通である。最も有名な設計会社は「日建設計」であろう。でも竹中のように設計に強みのある建築会社は少ない。
[PR]
by osaka-salon2 | 2009-08-12 23:38 | プロジェクト

プロジェクトetc・「あっちこっち」

◆「大阪全日空ホテル」は2008年10月1日よりANAクラウンププラザホテル大阪に名称が変更になっています。
e0161853_10444173.jpg
堂島川対岸の中之島からのクラウンプラザホテルです。このビルは正式には「堂島ダイビル」となっています。ANAホテルの一棟借り切りですから、ホテル名称でよいのでしょうね。「ハービス大阪」の場合はリッツカールトン大阪以外に、オフィスフロアが大きいのでホテル名称とビル名称は分けるのが妥当なようです。

◆その東側は「新ダイビル」ですね。1958年竣工のひと時代前のオフィスビルですが、土佐堀通りの「住友ビル一号館」と双璧をなす巨大なビルです。この新ダイビルも建替えで取り壊されることになっています。旭化成の本社などが入居してしていて屋上緑化庭園があることでも有名です。
これは大阪の先進性を示す例になります。50年前から屋上の緑化も当り前のように造られています。私はまだこの屋上庭園を見たことがないのですが、一度見学の価値ありと思います。
e0161853_10493898.jpg

e0161853_10501029.jpg

◆梅田阪急ビルです。桜の咲くころには鉄骨も上まで伸びて上棟しているでしょうか。
e0161853_12335314.jpg

◆阿倍野近鉄の2階入口、昨日のカウントダウンです。下の写真が阿倍野筋の道路側から現況の近鉄旧館
e0161853_12343290.jpg

e0161853_12352219.jpg

e0161853_1236374.jpg
そして西側の広大な更地が「阿倍野A1地区 第二種市街地再開発事業A2棟」と「同A1-2棟」、A2棟が横に平べったいショッピングモール。A1-2棟がホテル・店舗・事務所の地上24階塔屋2階、高さ96.45mです。
◆ようやく阿倍野再開発は最終段階になりました。紆余曲折40年をかけて続けられた再開発で、幹線道路沿いとこの地区を除いて他はすべてマンション街となり、高層住宅群で埋め尽くされています。
[PR]
by osaka-salon2 | 2009-02-13 10:52 | プロジェクト

久々に「梅田阪急ビル」を見る

◆久々に大阪の街を車でクルージング・・・
去年はあっちこっちでバンバン伸びた鉄骨も、ほとんど上がってしまって、今は冬枯れの感じになってしもた。「積水御堂筋ビル」はかなり高くなってきたけど、これからのやつには少し間があるので、やはり梅田になるよね。
てな、ことで「梅田阪急ビル」に注目。
e0161853_10242782.jpg

▲西側から見るとこんな感じ。鉄骨は35・36階部分の組立てが北西の少し残して完了。
下の写真も同じ位置から、少しズームアップ
e0161853_10283584.jpg

▼南側からの写真も2枚、御堂筋の東側の第三ビル近くに車を止めて撮影。ちょっと失敗かな、画面の中央にしないとこけちゃうよ。傾いた写真で見にくいですが、ご勘弁を。
e0161853_10305489.jpg

e0161853_10313426.jpg

◆2/2夕方の撮影です。これで170mくらいでしょうか、高くなってきました。あと5階が上に伸びる勘定ですが、5階継ぎ足すと随分違うと思いますよ。
[PR]
by osaka-salon2 | 2009-02-03 10:51 | プロジェクト

中之島フェスティバルタワー始動へ

▼今年始動するプロジェクトは多いですが、期待度大なのが「中之島フェスティバルタワー」ではないでしょうか。なんせ超ド級の200mツインタワーですからね。ランドマークというより、ここが大阪の重心の感じになりそうです。
去年の発表では、東地区の新朝日ビルは4月頃から解体工事に着手する予定のようです。
50年の長きに渡って親しまれたフェスティバルホールと、新朝日ビルですね。これほど大阪の文化に貢献した施設もないと思います。まごうことなき世界第一級のコンサートホールでした。
e0161853_21295570.jpg

e0161853_21322090.jpg
 ▲写真、まずは東地区の解体される「新朝日ビル」です。北面とフェスティバルホール側の南面です。
このビルも半端なくデカイですね。オフィス以外に「リーガグランドホテル」「フェスティバルホール」「リサイタルホール」が内蔵されていましたから。

▼名残りを惜しんで、フェスティバルホールの玄関、肥後橋南詰の大同生命本社ビルとか入れておきます。
e0161853_2140054.jpg

e0161853_21402751.jpg

▼西地区は少し先になりますが、こちらの朝日新聞大阪本社南側玄関に「朝日新聞コミニュケーションホール」というのがあって、中之島フェスティバルタワーのPRコーナーがありました。
e0161853_21453924.jpg

e0161853_2146457.jpg

◆パネルやら模型の展示もありました。内部はちょっとした図書室風で資料のように新聞の過去の閲覧とかもできるようでした。で、パネルの「中之島フェスティバルタワー」はこれまでの発表パースで見たことのある画像でしたが、模型はアクリルケースの中に展示してあったのですが、よく見るとパースと違っていたんですね。
e0161853_21563988.jpg
 ▲西地区の低層部の高さが明らかに違いますし、太さも少し細い気がしました。去年からの実施設計で変更になった可能性もあるようです。
[PR]
by osaka-salon2 | 2009-01-08 22:00 | プロジェクト